**cha no wa**

yayz.exblog.jp

日々の暮らしの中で感じた事を気ままに...お茶を飲みながら...

**チャンス君のSummer Trip Day5**

今回の旅のハイライトであるCarlsbad Caverns National Park
カールスバッド洞窟群国立公園
a0214927_13342176.jpeg

a0214927_14500740.jpeg
グアダルーぺ山脈のチワワ砂漠にあるコウモリが住む巨大な洞窟。
岩山やサボテンが点々とある平原のなかに突然洞窟の入り口が見えて来て
巨大な地下の空間、神秘的な鍾乳石が洞窟の中にあります。
国立公園内にはペット同伴でハイキングや
見学は禁じられているのでいつもは一人ずつ交代で見るか、
私がチャンスと一緒に車待機するかどちらかですが
今回はビジターセンターの横にペット預かり所があり
チャンスにとって初めてケージの中でお留守番してもらいました!
でも、チャンスにとってそこはまるで刑務所か保健所?
のようでビビりまくっていました。
なんせ係りの人はお相撲さんのような体格の良い人で
たくさんのケージが上下 に並び、次々にやって来るワンコや猫達
ワンワン、ニャンニャン吠えてそれがコンクリート部屋の中でこだまして
耳が大きいチャンスにとって居心地がすご〜く悪い事はわかりましたが
車に置いておくわけにはいきません!待っててね、チャンス君。
a0214927_16084291.jpeg
ママ〜パパ〜
ボクを置いて行かないで〜‼️
a0214927_14183436.jpeg

この先の洞窟からコウモリが餌の昆虫を求め夕暮れになると
何万匹も飛び立っていきます。この階段みたいな所は野外劇場
になっていてレインジャーの説明があります。
コウモリはメキシコで越冬するので
春先から10月頃まで毎晩見られるそうです。
私達はホテルまで戻るので夕方まではいませんでした。

a0214927_14200457.jpeg
コンクリートで舗装されているらせん状の道を歩いて地下へ 降りていきます。

a0214927_15233252.jpeg
a0214927_15243696.jpeg
a0214927_15252051.jpeg
a0214927_15261773.jpeg
洞窟の下へ降りて行くと独特な臭いがして来てPがこの臭いは
コウモリの糞のニオイだよ。と教えてくれました。
もともと先住民が1000年以上も前に踏み入れた壁画が残っていますが、
1800年代に開拓者達がコウモリの糞を天然の肥料に売る為に洞窟を
発掘したそうです。その当時はロウソクかたいまつの灯りしかないので
こんな大きく長い洞窟が地底にあるとは想像できなかったでしょう。
地質学的には2億6500万年前に全長644kmの馬蹄形の岩礁(石灰岩)です。
私達が歩いているどこかにコウモリがぶら下がっているのでしょうが、
昼間はじっと静かに寝ているので気がつきませんが夕方飛び立つ
姿を見た人は圧巻だったと言っていました。
この洞窟で約7種類のコウモリが住んでいるのだそうです。
私達は早歩きで2時間半くらいかけて洞窟探検して来ました。
a0214927_15492520.jpeg
お迎えに行ったらチャンスは大喜び!
ホテルに着いてちゃっかり椅子の上に飛び乗り
僕ね、良い子で待ってたよ!
ご褒美のオヤツちょうだいね。
って言わんばかりのガン見‼️

6/15/2018 Friday











[PR]
トラックバックURL : https://yayz.exblog.jp/tb/238662158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yayz | 2018-07-18 16:11 | 旅行 | Trackback